ゴルフスイングロゴ

ページイメージ

アイアンは飛距離を出すクラブではない

アイアンショットの即効対策に入る前に、ひとつだけ言っておきたいことがあります。ゴルフの面白さの一つに「飛ばし」という大きな要素がありますが、あまりにも飛距離に固執していると、すべてのクラブを力一杯のフルスイングで振り回そうという傾向が出てきます。

「9番アイアンで150ヤード以上は飛ばす」などと、得意顔で言う人がアマチュアに多く見られますが、先に述べたように、ゴルフは飛距離を競い合うスポーツではありません。ドライバーに関しては、1ヤードでも飛んだほうが良いかもしれませんが、アイアンは飛距離を出すクラブではありません。

特にショートアイアンに至っては、8割のパワーで打ってこそ、はじめてその機能を遺憾なく発揮できるのです。飛ばそうという気持ちが強いほど、逆にスムーズなゴルフスイングをさせてくれないことを、まず理解しておいてください。

キャディバッグにはアイアンクラブだけで10本前後が入っているのですから、距離に見合ったクラブを選べば、力む必要はどこにもないはずです。見栄ばかり張って、どう考えても届かないような番手で目一杯スイングして、ミスショットをするのは最悪です。飛ばす意識よりも、それぞれの番手のロフト通りの弾道と距離を打てることが、アイアンショットの本来の目的なのです。このあたりの話題は、「ゴルフスイングの基本・最前線」を参考にしてください。

ボールを上げようと意識することはない

ロングアイアンは、アマチュアゴルファーが最も苦手にしているクラブだと思います。ウッドほどではないにしろ、シャフトは長く、ヘッドも小さく、ソールも薄く、ロフト角も少ない、どう見ても難しい設計のゴルフクラブです。しかし、それでも正しいゴルフスイングがしっかりできていれば、その番手に応じた飛距離はしっかり出せます。

しかし、ロングアイアンが苦手なゴルファーは、往々にして上体の捻転不足とボールを上げたいという意識が強過ぎて、ミスショットしているという傾向がよく見られます。

番手が下がるほど、シャフトは短くなり、ロフトが大きくなるため、十分な捻転がなくても、ボールは比較的簡単に上がってくれますが、ロングアイアンでは、残り距離が長いので、つい力み過ぎて、さらにボールが上がらなくなるものなのです。

ロングアイアンを手にしたら、「上げよう」という気持ちを持つのはやめましょう。何よりも、しっかり上体を捻ったバックスイングを意識することです。ロフトが少ないのですから、弾道が低いのは無理の無いことだと思い、力まずに、スムーズなゴルフスイングをすることをイメージして、アドレスに入るところから始めましょう。